読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 日本を歩く

管理人が日本で見つけた物をフリージャンルで紹介します。 「週刊」と銘打ってはいますが、更新頻度はまちまちです。 日毎もあれば月毎になることもあります。 なにはともあれ、お付き合いください。

旧妹背牛村役場と道の駅「鐘のなるまち・ちっぷべつ」 旅の始まり

さる夏の連休、祖父の形見の一眼レフを片手に道北を目指した。

 

主目的は日本最悪の獣害事件現場とされる「三毛別」の現地訪問と、

北海道最北端にして日本最北端の地である宗谷岬」の到達だ。

それらを中心に記録に収めながら、日本海沿岸の所謂「オロロンライン」を北上した。

カメラの練習も兼ねて主目的以外の事物も随所で撮影したので、それらを今後の記事で列挙していく予定である。

 

なお、メインの三毛別と宗谷岬以外はある程度まとめた形でのアップになると思われるが、ご了承いただきたい。

 

 

……で、さっそく最初に見つけたのがこちらの妹背牛郷土館(旧妹背牛村役場)である。

f:id:nobesuke:20160831070308j:plain

自宅を出発して幾つかの街を抜け、突然目の前に現れた物件であった。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070312j:plain

f:id:nobesuke:20160831070311j:plain

明治期フランス風ということで、シンプルながらも洒落たデザインだ。

 

横の説明碑によると、元の建物が完成したのは1931年。

しかし現在の建物は新庁舎が1985年(昭和60年)に完成したときに、記念に復元されたものだそうだ。

写真二枚目の奥に見える白っぽい建物が新庁舎。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070318j:plain

f:id:nobesuke:20160831070316j:plain

f:id:nobesuke:20160831070313j:plain

f:id:nobesuke:20160831070309j:plain

開館日や展示物については以下のリンクを参照のこと。

北海道-妹背牛町ホームページ|スポーツ・文化・教育 | 文化施設 | 郷土館

当日は休館日かつ休日であったため、申請して開けてもらうことも不可能であった。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070324j:plain

f:id:nobesuke:20160831070322j:plain

妹背牛町を過ぎ、次の町へと向かう。

ちなみに北海道の平野部は写真のような景色がほとんどだ。

山間の広大な田園地帯の間を走り、町から町へと移動する。

これは細い道路での撮影だが、大きい道路を通るにしても、北海道で長距離移動の際は

早めの給油・トイレ休憩を心がけたほうが良い。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070327j:plain

続いて見えてきたのは、秩父別町の道の駅「鐘のなるまち・ちっぷべつ」だ。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070350j:plain

f:id:nobesuke:20160831070331j:plain

大きなベルのついたアーチと、高い時計塔が訪問者を出迎えてくれる。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070328j:plain

敷地内には温泉&宿泊施設の秩父別温泉「ちっぷ・ゆう&ゆ」がある。

「ゆう(遊)&ゆ(湯)」といった意味合いだろうか。

近くには公園、体育館、陸上競技場などもあり、体を動かした後に温泉でさっぱりできそうだ。

 

日帰り入浴も可能で、大人500円(子供250円)とリーズナブル。

ただし新千歳空港から電車(または車)で1時間45分と、道外からの来訪者にはちょっと遠く感じられるかもしれない。

※なお北海道出身者にとっては「ちょっと遠いかな」くらいの印象。

 

とはいえ、北海道の田舎町でゆったりと温泉と料理に癒やされたい方にはオススメだ。

秩父別温泉ちっぷ・ゆう&ゆ|北海道観光|温泉宿|YOU 湯|お風呂

 

 

f:id:nobesuke:20160831070338j:plain

どうやら時計塔に入れるようで、せっかくなので登ってみた。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070356j:plain

連休で思いのほか来訪者も多かったが、ほとんど時計塔に注目する人はいなかった……。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070401j:plain

そもそもは街の開基100年を記念して建てられた塔だ。

北海道にはこのような「百年記念塔」が数カ所あり、このあと訪れる稚内市にも建っている。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070403j:plain

玄関の戸を開けてすぐの様子。

中央に螺旋階段があり、これを登って展望室まで行く。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070406j:plain

f:id:nobesuke:20160831070405j:plain

ベンチの下のガラス窓はタイムカプセルの覗き窓だったが、ご覧のように曇りまくっていて何も見えなかった。

当日は晴天で気温も高かかったうえに、塔内の窓はマイマイ蛾の侵入を防ぐために開放厳禁だったため、その影響もあるのかもしれない。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070409j:plain

仕方なく汗を拭きながら、なかばサウナと化した時計塔を登ってゆく。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070411j:plain

もう何周したか。

最上部の手前だけ一時的に平らになっている。

あともう少しだ。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070414j:plain

そしてついに展望室に到着。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070413j:plain

願いの叶う「しあわせの鐘」。

せっかく登ったのだ。ここは大願成就と行こうじゃないか。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070440j:plain

5回に合わせて引いてみたが……まったく言うことを聞かない!

ロープの取り付け方が悪いのか、軽く引いてもほとんど揺れず、鳴らすために強く引くと今度は重い鐘が止まらなくなる。

 

結果「コン……ガコン……ガン、ガン、ガコーン……ガコーン、ガーン(以下略)」。

 

……願いがたくさん叶いそうだ。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070415j:plain

思い出記録帳にはコメントが残っている。

度々訪れる人はいるようだ。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070420j:plain

窓には職員の悲痛な叫びが記されている。

 

 

以下に眼下の景色をいくつか。

f:id:nobesuke:20160831070421j:plain

f:id:nobesuke:20160831070417j:plain

f:id:nobesuke:20160831070426j:plain

f:id:nobesuke:20160831070429j:plain

f:id:nobesuke:20160831070433j:plain

 

 

f:id:nobesuke:20160831070431j:plain

気になったのはこちらの景色。

時計塔が街で最高のランドマークかと思いきや、消防署の塔がほぼ同じ高さという意外な結末。

 

時計塔のアイデンティティがやや薄れる気がするが、消防署の心粋なオマージュなのかもしれない。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070437j:plain

展望室から下を覗く。

あとはここを下るだけだ。

 

 

f:id:nobesuke:20160831070359j:plain

時計塔の街を離れ、旅路はさらに北へと向かう。

ご愛読いただいている皆様へ。

当ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

筆者の「のべすけ」と申します。

 

6月に投稿を始め、気がつけば3ヶ月。

記事は前回の「竹原 安芸の小京都」にて、めでたく10回を迎え、総アクセス数も100を超えることが出来ました。

これもひとえに皆様のお陰です。再度、御礼申し上げます。

 

月平均で言えば3投稿以上ということで、やや遅れながらも「週刊」の名を保ってはいるのかな?と勝手に思っております。

もちろんあくまでも「週刊」は名前であり、週一ペースで投稿しようという予定もありませんが、皆様に於かれましては、たまに来て「お、更新されているな」と記事を読んでいただければ幸いだと思っております。

 

前回の竹原の記事で山口・広島方面の旅は終わりまして、次回からは我が北海道の北方方面の記事を投稿していこうと考えております。

そのさらに次の旅のネタも溜まっているので、意外にもペースを上げる必要があるかもしれませんが。

 

また次回からは一眼レフカメラ(これまではiPhoneおよびコンデジ)による撮影を行っておりますので、より美しい写真を皆様にお届け出来るものと思っております。

 

まだまだ投稿者としてもカメラマンとしても新米ですが、どうぞ皆様のコメント等によるご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

竹原 安芸の小京都

f:id:nobesuke:20160730140127j:plain

大久野島の後、時間があったこともあり、せっかくなので竹原市重要伝統的建造物群保存地区へと寄ってみた。

 

前情報もなく、島めぐりで疲労していたためにあまり情報収集は出来なかった。

なので軽い説明と数枚の写真でまとめたいと思う。

 

f:id:nobesuke:20160730140117j:plain

江戸中期から明治にかけての古い町並みがそのまま現在も使われている竹原。

竹原市に縁のある人物は総理大臣の池田勇人や、NHK連続テレビ小説「マッサン」の竹鶴政孝、そして江戸中期の思想家である頼山陽など。

 

 

f:id:nobesuke:20160730140120j:plain

f:id:nobesuke:20160730140107j:plain

f:id:nobesuke:20160730140110j:plain

f:id:nobesuke:20160730140121j:plain

f:id:nobesuke:20160730140125j:plain

どこを見ても重要文化財のような建物ばかりで、そこに表札が貼ってあるのだから驚きだ。

上に掲げた写真たちはその中でも一般に公開されているような建物を選んであり、ここに写った以外にも古風な一般住居が立ち並んでいる。

 

観光地と住宅地が一体化したような地域で、古い蔵を利用した雑貨屋や喫茶店などもあるので、ゆっくりと落ち着いた観光を楽しむことが出来るだろう。

 

 

f:id:nobesuke:20160730140109j:plain

時期的な関係もあり、観光客は意外に多かった。

ある通りでは、雅楽の音色を響かせながら着物姿の女性が輿に揺られて過ぎ去っていった。

さすがは小京都。雅な空気感である。

 

 

f:id:nobesuke:20160730140128j:plain

f:id:nobesuke:20160730140115j:plain

 

安芸の小京都・竹原。

ぜひ大久野島とセットで見てもらいたい、とても美しい町並みであった。