読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週刊 日本を歩く

管理人が日本で見つけた物をフリージャンルで紹介します。 「週刊」と銘打ってはいますが、更新頻度はまちまちです。 日毎もあれば月毎になることもあります。 なにはともあれ、お付き合いください。

竹原 安芸の小京都

f:id:nobesuke:20160730140127j:plain

大久野島の後、時間があったこともあり、せっかくなので竹原市重要伝統的建造物群保存地区へと寄ってみた。

 

前情報もなく、島めぐりで疲労していたためにあまり情報収集は出来なかった。

なので軽い説明と数枚の写真でまとめたいと思う。

 

f:id:nobesuke:20160730140117j:plain

江戸中期から明治にかけての古い町並みがそのまま現在も使われている竹原。

竹原市に縁のある人物は総理大臣の池田勇人や、NHK連続テレビ小説「マッサン」の竹鶴政孝、そして江戸中期の思想家である頼山陽など。

 

 

f:id:nobesuke:20160730140120j:plain

f:id:nobesuke:20160730140107j:plain

f:id:nobesuke:20160730140110j:plain

f:id:nobesuke:20160730140121j:plain

f:id:nobesuke:20160730140125j:plain

どこを見ても重要文化財のような建物ばかりで、そこに表札が貼ってあるのだから驚きだ。

上に掲げた写真たちはその中でも一般に公開されているような建物を選んであり、ここに写った以外にも古風な一般住居が立ち並んでいる。

 

観光地と住宅地が一体化したような地域で、古い蔵を利用した雑貨屋や喫茶店などもあるので、ゆっくりと落ち着いた観光を楽しむことが出来るだろう。

 

 

f:id:nobesuke:20160730140109j:plain

時期的な関係もあり、観光客は意外に多かった。

ある通りでは、雅楽の音色を響かせながら着物姿の女性が輿に揺られて過ぎ去っていった。

さすがは小京都。雅な空気感である。

 

 

f:id:nobesuke:20160730140128j:plain

f:id:nobesuke:20160730140115j:plain

 

安芸の小京都・竹原。

ぜひ大久野島とセットで見てもらいたい、とても美しい町並みであった。